会員及び利用者規約

現在、新規での会員登録は行っておりません。

万が一、登録されてしまっても、購読期間中にサイトが移行してしまいます。
また、こちらに登録されても、新サイトはご覧頂けません。
返金も出来かねますので、登録しないようにお願い致します。

2015年12月7日
合同会社J.J

第1章 総 則

第1条 (会員及び利用者規約)
この会員及び利用者規約は、合同会社J.J(以下「J.J」といいます。)が提供する会員制オンラインマガジン「石井紘人のFootball Referee Journal」(以下「FBRJ」といいます。)を会員及び利用者が利用する際の一切に適用します。
第2条 (会員及び利用者規約の範囲)
1. 「FBRJ」ホームページ上への掲載、電子メール、書面その他J.Jが適切と判断する方法により、J.Jが提示する会員及び利用者規約以外の諸規程(以下「利用規約等」といいます。)も、名目の如何にかかわらず会員及び利用者規約の一部を構成するものとします。
2. この会員及び利用者規約本文の定めと利用規約等の定めが異なる場合は、当該利用規約等の定めが優先して適用されるものとします。
第3条(会員及び利用者規約の変更)
1. J.Jは、会員及び利用者の事前の了承を得ることなく、この会員及び利用者規約を随時変更することができ、会員及び利用者はこれを承諾するものとします。
2. 変更後の会員及び利用者規約については、「FBRJ」ホームページ上への掲載、電子メール、書面その他J.Jが適切と判断する方法により通知した時点から、その効力を生じるものとします。
第4条(会員への通知方法)
1. 会員及び利用者規約の変更などJ.Jから会員及び利用者に対する通知は、別途定めのある場合を除き、「FBRJ」ホームページ上への掲載によって行うものとします。
2. 「FBRJ」ホームページ上への掲載がなされ、会員及び利用者がアクセスすることにより閲覧が可能になった時点で、前項の通知が完了したものとみなします。

▲ページトップへ

第2章 会員

第5条 (会員)
1. この会員及び利用者規約における会員とは、「FBRJ」ホームページ上において所定の入会申込手続きを行い、J.Jが利用を承認して「FBRJ」サービスの接続アカウント(以下「ID」といいます。)およびIDに対応するパスワードを貸与した方とします。
2. この会員とは、「FBRJ」サービスにお申し込みが完了し、「FBRJ」サービスを利用することが出来る方とします。
3. 会員は、入会申込の時点で、この会員及び利用者規約の内容を承諾しているものとみなされます。
第6条(入会の承認および承認の取消)
J.Jは、前条第1項の申込を行った方が以下の各号に該当する場合を除いてその入会を承認し、申込を行った方は、承認後会員として登録され「FBRJ」サービスを利用できるものとします。 ただし、承認後に会員が以下の各号に該当していることが判明した場合には、J.Jは、事前に通知することなく会員登録を抹消し、会員資格を取り消すことができるものとします。また、会員が以下の各号に該当することが判明した場合、「FBRJ」サービス申込受領後であっても、契約の解除を行うことができます。J.Jが会員登録をお断りし、あるいは抹消した場合、契約を解除した場合、当該申込者あるいは当該会員はJ.Jに対し、損害賠償、逸失利益、経費その他何らの請求もできません。
i. 申込内容に虚偽の記載、誤記、記入漏れがある場合
ii. 過去に会員及び利用者規約違反などにより、「FBRJ」サービスの会員資格を取り消されたことがある場合
iii. 過去に入会・退会を繰り返しており、それが不適切なものであるとJ.Jが判断した場合
iv. 申込者が支払停止、破産申立を行っていることが判明し、あるいは、信用状態が著しく悪化している等「FBRJ」サービスの利用料金の支払いを怠るおそれが明らかであるとJ.Jが判断した場合
v. J.J又は他の会員の信用若しくは権利を侵害するおそれがあるとJ.Jが判断した場合
vi. 会員が「FBRJ」サービスを、自己使用以外を主目的として利用しようとする場合
vii. J.Jが「FBRJ」サービスに関して発する電子メールを受信・閲覧できない場合
viii. 一部離島・遠隔地等の理由により「FBRJ」サービスを提供することができない場合
ix. 前各号の他、会員及び利用者規約または利用規約等に違反した場合
x. その他、会員として不適切とJ.Jが判断した場合
第7条(譲渡禁止)
会員及び利用者は、「FBRJ」サービスの会員及び利用者として有する契約上の地位、権利及び義務の全部または一部を、第三者に譲渡するまたは使用させる、売買、名義変更、または質権の設定その他の担保に供する等の行為はできないものとします。
第8条 (変更の届出)
会員は、登録情報、その他J.Jに届け出た内容を、常に虚偽なく最新の状態に更新するものとし、変更があった場合には、速やかに所定の方法でJ.Jに変更を届け出ることとします。J.Jは会員登録情報、利用者が購入申込の際に記入した情報に従って連絡、配送等をすることにより免責されるものとします。婚姻による姓の変更等、J.Jが承認した場合を除き、会員が登録した氏名は変更できないものとします。
第9条(退会)
1. 会員が「FBRJ」サービスを退会する場合は、「FBRJ」ホームページ上において所定の退会手続きを行い、J.Jに届け出るものとします。J.Jは、既に受領した利用料金その他の債務の払い戻し等は一切行わないものとします。
2. 会員資格は、一身専属のものとします。J.Jは、当該会員の死亡を知り得た時点を以って、前項の届出があったものとして取り扱います。
3. 本条による退会の時点において発生している利用料金その他の債務の履行は、第22条に基づいて行われるものとします。
第10条(設備等)
1. 会員及び利用者は、「FBRJ」サービスを利用するために必要な通信機器、ソフトウェア、その他これらに付随して必要となるすべての機器を、自己の費用と責任において準備し、「FBRJ」サービスを利用可能な状態にするものとします。また、自己の費用と責任で、任意の方法で回線利用契約、インターネット接続サービスへの加入その他必要な準備を行い、「FBRJ」サービスに接続するものとし、その際に必要な手続きは会員及び利用者自身が行うものとします。 J.Jは、これらの諸設備、ソフトウェア、インターネット接続サービスなどについて一切の質問を受け付けず、これらの不備によって会員及び利用者に発生した損害について一切の責任を負いません。
2. プロバイダー等のシステムの障害等により、会員及び利用者からの電子メールがJ.Jに届かない場合や、遅延する場合がありますので、あらかじめご了承下さい。電子メールの不着・遅延および、これらに関して発生した会員及び利用者の損害に関して、J.Jは一切の責任を負わないものとします。

▲ページトップへ

第3章 会員及び利用者の義務

第11条(自己責任の原則)
1. 会員及び利用者は、この会員及び利用者規約に従い、「FBRJ」サービスを通じて情報を発信することができますが、当該情報につき一切の責任を負うものとし、J.Jに何等の迷惑または損害を与えないものとします。
2. 「FBRJ」サービスの利用に関連して、会員及び利用者が他の会員または第三者に対して損害を与えた場合、または、会員及び利用者が他の会員、利用者または第三者と紛争を生じた場合、当該会員及び利用者は、自己の責任と費用で解決するものとし、J.Jに何等の迷惑または損害を与えないものとします。
3. 「FBRJ」サービスの利用に関連して、会員及び利用者が他の会員、利用者または第三者に対して与えた損害、および他の会員、利用者または第三者が会員及び利用者に対して与えた損害について、J.Jは一切の責任を負わないものとします。
第12条 (IDおよびパスワードの管理責任)
1. J.Jは入会を承認された会員は、登録時に設定されたメールアドレスおよびパスワード (以下、「ログイン情報
2. といいます) についてを第三者に使用させず(貸与、譲渡、売買、質入、開示することはできません)、また第三者と共有しないとともに、ログイン情報の使用および管理について、一切の責任を持つものとします。
3. J.Jは、会員のログイン情報が第三者に使用されたことによって当該会員が被る損害については、当該会員の故意過失の有無にかかわらず一切の責任をも負わないものとします。また、J.Jは、当該ログイン情報によりなされた「FBRJ」サービスの利用について、当該会員によりなされたものとみなすことができ、その場合当該会員は利用料金の支払いその他全ての責任を負うものとします。
4. 会員は、ログイン情報が盗まれたり、第三者に使用されていることが判明した場合には、直ちにJ.Jにその旨連絡すると共に、J.Jからの指示がある場合にはこれに従うものとします。
5. ログイン情報を忘れた会員に対しては、J.J所定の手続きに従って、当該ログイン情報を表示するものとします。
第13条 (著作権等の侵害の禁止)
1. 会員及び利用者は、「FBRJ」ホームページ上に掲載、もしくは、「FBRJ」サービスを通じて提供される、いかなる画像データ、写真、映像、文章、音楽、音声、ソフトウェア等(以下総称して「データ」という)も、以下にあげるような、著作権法で認められた私的利用の範囲を超える利用はできないものとします。
i. データの一部といえども、それを第三者に配布・販売したり、出版、上映、放送、ホームページへの掲載等のために使用すること
ii. データの一部といえども、それを編集・加工して、前号の行為を行うこと
2. 会員及び利用者は、前項に違反する行為を第三者にさせることができないものとします。
第14条 (営業活動の禁止)
会員及び利用者は、「FBRJ」サービスを利用した営業活動、営利を目的とした利用、およびこれらの準備を目的とした利用(以下「営業活動」という)を行うことができないものとします。
第15条(その他の禁止事項)
前2条の他、会員及び利用者は「FBRJ」サービス上で以下の行為を行わないものとします。以下に定める行為を会員及び利用者が行っているとJ.Jが合理的に判断した場合、J.Jは当該会員及び利用者に対して警告を与えることがあります。
i. J.Jもしくは第三者の著作権、商標権等の知的財産権を侵害する行為、またはそのおそれのある行為
ii. J.Jの財産もしくは第三者の財産、プライバシーもしくは肖像権を侵害する行為、またはそのおそれのある行為
iii. J.Jもしくは第三者を差別もしくは誹謗中傷し、またはJ.Jもしくは第三者の名誉もしくは信用を毀損する行為
iv. 会員登録の際に虚偽の登録内容を申請する行為
v. 詐欺等の犯罪および犯罪に結びつく行為、またはそのおそれのある行為
vi. 他の会員、利用者、第三者、J.Jを威迫・脅迫する行為、またはそのように看取される行為
vii. わいせつ物、児童ポルノまたは児童虐待に相当する画像、文書等を送信または表示する行為または児童や青少年に対し、その健全な育成を阻害する行為
viii. 無限連鎖講(ネズミ講またはこれに類似するもの)を開設する、またはこれらへの参加を勧誘する行為
ix. J.Jまたは第三者のデータ等を改ざん、消去等する行為
x. 第三者になりすましてまたは架空名義で「FBRJ」サービス上を利用する行為、または他の人物や組織と提携、協力関係にあると偽ったりする行為、混同されることを目的として似通ったニックネームを使用する行為、自作自演や意見の誘導、及び混乱させる行為
xi. 他の会員のログイン情報を不正に使用するなどして、不正にアクセスする行為
xii. 有害なコンピュータプログラム等を送信し、または第三者が受信可能な状態におく行為
xiii. 選挙の事前運動、選挙運動またはこれらに類似する行為および公職選挙法に抵触する行為
xiv. 宗教の宣伝を含む宗教的行為、および宗教団体の設立・活動、宗教団体への加入等宗教上の結社に関する行為
xv. 掲示板のテーマを逸脱する内容の書き込みをする行為、論争を起こすことがわかっている話題の書き込みをする行為、J.Jが禁止、削除した書き込みと同一または類似する内容の書き込みまたはあるひとつの掲示板もしくは複数の掲示板に対して、同一内容を意図的に多数投稿すること、文章として無意味な文字列の繰り返し、改行の多用等で迷惑をかける行為
xvi. 第三者に対し、J.Jに無断で広告・宣伝・勧誘等の電子メールを送信する行為(営業及び非営利であると否とを問わない売買行為を含む)または第三者が嫌悪感を抱く、もしくはそのおそれのある電子メール(嫌がらせメール)を送信する行為、第三者のメール受信を妨害する行為、または連鎖的なメール転送を依頼する行為および当該依頼に応じて転送する行為
xvii. 「FBRJ」サービス上の設備(J.Jが、「FBRJ」サービス上を提供するために用意する通信設備、電子計算機、その他の機器およびソフトウェアをいう。以下同様)に無権限であるいは不正にアクセスし、またはその利用もしくは運営に支障を与える行為(与えるおそれのある行為を含む)
xviii. 本人の同意を得ることなく、または詐欺的な手段により第三者の個人情報を収集する行為
xix. 日本国および外国の法令に違反する、または違反するおそれのある行為
xx. 前各号の他、この会員及び利用者規約もしくは利用規約等または公序良俗に違反(売春、暴力、残虐等)する行為、公序良俗に反する情報を他の会員もしくは第三者に提供する行為、「FBRJ」サービス上の運営を妨害する行為、他の会員、利用者、第三者もしくはJ.Jに不利益、不快感、誤解を与える行為またはそれらのおそれのある行為
xxi. 意図的に虚偽の情報を発信すること及び根拠の無い噂や風説を発信すること
xxii. 「FBRJ」サービスを利用して、個人情報の収集、市場調査等を行う行為
xxiii. 「FBRJ」サービス利用上に知り得た、J.Jまたは第三者に不利益をもたらす公知でない情報を漏えいする行為
xxiv. 「FBRJ」サービス上の設備に過大な負荷を生じる行為
xxv. コンテンツの発信元を隠したり、偽装するために、あらゆる部分に手を加える行為
xxvi. 前各号のいずれかに該当する行為(当該行為を第三者が行っている場合を含む)を助長する目的の行為(リンクを張る等を含む)
xxvii. 研究用総合機器に搭載されている商品は医療行為としては使用する行為、その他、「FBRJ」ホームページ、利用規約等に指定されている以外の方法で商品を使用する行為
xxviii. その他、法令、条約、契約上の義務に違反する行為
xxix. その他、J.Jが不適当と判断する行為

▲ページトップへ

第4章 サービス内容等

第16条(サービス内容)
1. 会員及び利用者は、「FBRJ」サービスにおいて、J.J所定の手続きに基づき、当社が取り扱うオンラインマガジン(以下「サービス」といいます)を購入することができます。
2. その他、「FBRJ」サービスの詳細は、利用規約等において定めるとおりとします。利用者、個人会員、法人会員、互助会会員は、それぞれ利用できるサービスが異なります。
3. J.Jは、会員及び利用者に事前に通知することなく、「FBRJ」サービスの内容を適宜変更できるものとします。この場合、J.Jは、一切の責任を負いません。
4. J.Jの責によらない事由(インターネット回線の都合)により、サービスのご提供を中止する場合もございますので、あらかじめご了承ください。この場合、J.Jは、一切の責任を負いません。
第17条(J.Jの維持責任)
1. J.Jは、「FBRJ」サービスをJ.Jが定める技術要件に適合するよう、善良な管理者の注意義務をもって維持します。
2. J.Jが「FBRJ」サービスの保守を行う時間帯は、J.Jの通常の営業時間帯とします。
3. 会員及び利用者には、J.Jの設備容量を超える利用がなされること等により、システムダウンや、会員及び利用者がJ.Jのサーバにアクセスできなくなるなどの障害が発生することがありますので、あらかじめご了承頂きます。
第18条(サービスのお申込)
1. 会員及び利用者は、利用規約等で提示されるJ.J所定の手続きに従って注文を申し込むものとします。
2. 会員及び利用者のお申し込みに対する受理処理がJ.Jにおいて完了した時点で、当該サービスの契約が成立したものとみなします。但し、会員及び利用者が第6条の各号、第23条1項各号、第24条1項各号に該当するとJ.Jが判断した場合、その他、本規約に違反するとJ.Jが判断した場合、J.Jは注文の受理を拒絶し、あるいは既に成立した契約を解除することができるものとします。この場合、J.Jは、一切の責任を負いません。
3. インターネット上の障害、その他の原因により会員及び利用者の注文が受理されなかった場合、J.Jはその責任を負いません。
第19条(商品の提供)
1. 毎週1試合以上を、また隔週第1月曜と第3月曜に審判からのインタビューやコラムを会員向けページに記載します。
2. 「FBRJ」サービスの内容について、瑕疵などがないことは保証しておりません。
3. 会員の承諾を得ることなくいつでも(あるいは一定の期間)「FBRJ」サービスの内容や仕様を変更したり、提供を停止したり中止したりすることができるものとします。

▲ページトップへ

第5章 利用料金

第20条(「FBRJ」サービスの利用料金)
1. 「FBRJ」サービスの入会費(以下「利用料金」といいます。)とその算定方法等は、以下のとおりとします。
i. 会員は有料会員のみとなり、会費は2ヶ月払い1,080円(消費税込)、半年払い3,240円(消費税込)および年払い6,480円(消費税込、プラス1ヶ月サービス)とします。
ii. 入会費については入会時点の会員登録後、2週間後より、会員継続を望む場合に限り、契約期間による会費は全額前払いとなります。
iii. 入会費は、日割り計算は行いません。退会、会員登録抹消の場合もすでに支払われた入会費、会費の一部または全部を返金せず、未払いの場合は、全額を請求致します。
2. J.Jは、会員及び利用者の承諾を得ることなく、「FBRJ」ホームページ上への掲載、電子メール、書面その他J.Jが適切と判断する方法によって会員及び利用者に事前に通知することにより、前項に定める料金およびその算定方法等を変更することができるものとします。
3. J.Jは、会員及び利用者の退会、会員登録の抹消、その他理由の如何を問わず、既に支払われた利用料金の払い戻しは一切行いません。
4. 会員及び利用者は、利用料金を、会員及び利用者ごとにJ.Jが承認した以下のいずれかの方法で履行するものとします。
i. J.Jが指定する銀行口座に、入会費を銀行振込にて支払う(振込手数料は会員及び利用者の負担とする)。支払期限、振込先等は、「利用規約等その他の通知において定めるとおりとします。
ii. その他J.Jが定める方法による支払い

▲ページトップへ

第6章 会員資格の停止等

第21条(IDの一時停止等)
1. J.Jは、以下のいずれかの場合は、当該会員の了承を得ることなく、当該会員のログインを停止し、あるいは、当該利用者の了解を得ることなく当該利用者の「FBRJ」サービスの利用を禁止することがあります。
i. 電子メールによる手段で会員と連絡をとることができない場合
ii. 第三者によってログイン情報が不正に使用されている場合、またはそのおそれがあると、J.Jが判断した場合
iii. 第6条に定める会員資格の取消に該当するおそれがあると、J.Jが判断した場合
iv. 第13条,第14条、第15条で定める禁止事項に該当する恐れがある、あるいはその他本規約に違反するおそれがあると、J.Jが判断した場合
v. その他J.Jが緊急性が高いと認めた場合
2. J.Jが前項の措置を取ったことで、当該会員及び利用者が「FBRJ」サービスを利用できず、これにより損害が発生したとしても、J.Jは責任を負わないものとします。
第22条(会員登録の抹消)
1. J.Jは、会員について次のいずれかに該当する事由が生じた場合、会員登録を抹消し、会員資格を取り消すことができるものとします。
i. 第13条,第14条、第15条に違反する行為をした場合
ii. その他、本規約に違反した場合
iii. 「FBRJ」サービスに関連して、当該会員と他の会員、第三者との間に紛争が生じた場合
iv. J.Jが「FBRJ」サービスを中止または廃止する場合
2. J.Jが会員登録を抹消した場合、当該会員はJ.Jに対し、損害賠償、逸失利益、経費その他何らの請求もできません。
3. 本条1項の規定は、J.Jが会員に対して損害賠償等の請求をすることを妨げません。

▲ページトップへ

第7章 データの取り扱い

第23条(会員及び利用者が登録したデータ等)
1. データ等の変更・複写・移動、開示等
i. J.Jは、会員及び利用者への事前の通知、承諾なくして、会員及び利用者が「FBRJ」サービスに登録したデータ等の全部または一部について、必要に応じて、題名・内容の変更、または「FBRJ」サービス内での複写、移動等を行うことができるものとします。
ii. J.Jが行う「FBRJ」サービスに登録したデータ等の開示は、「FBRJ」サービスを運営する上でJ.Jが必要と判断する範囲に限られます。
2. データ等の変更・複写・移動、開示等
i. J.Jは、データ等が、第13条,第14条、第15条で定める禁止事項に該当する、またはその恐れがある、あるいはその他本規約に違反すると判断した場合、J.Jが任意に削除等をすべきであると判断した場合、会員及び利用者への事前の通知、承諾なく、修正、変更、削除することができるものとします。また、この場合、当該データ等に対する返信の禁止、会員及び利用者の使用するプロバイダ及びそれに準じる機関、警察への通報、その他J.Jが必要と判断する措置を講じることができるものとします。
ii. J.Jは、データ等について、官公庁、裁判所その他の関係当局から修正、変更、削除するよう指導、命令等を受けた場合、会員及び利用者への事前の通知、承諾なく、修正、変更、削除することができるものとします。
iii. 削除等の措置の判断、その内容についてはその一切をJ.Jが判断するものとし、その過程などは開示致しません。また、削除したデータ等については復元することはできません。
iv. J.Jが削除したデータ等に対する新規の返信データ等、既存の返信データ等については、それ自体に問題はなくてもあわせて削除させていただく場合があります。
v. 法令に従って要請されたとき、または法律手続き上必要な場合、この会員及び利用者規約を遵守していただくために必要な場合、第三者の権利を侵害しているデータ等に対するクレームに対応するために必要な場合、J.Jまたは他の会員、利用者または第三者の財産、権利、生命身体、業務等の安全や公益を守るために必要な場合など、J.Jが必要であると判断したときは、会員及び利用者の許可なくデータ等およびそれに係わる情報を第三者に開示することがあります。
3. 本条第1項、2項は、あくまでもJ.Jの権利を定めるものであり、義務を定めるものではありません。また、J.Jは本条に定める権利の行使または不行使により生じた損害に対して、一切の責任を負いません。
4. データ等の著作権、管理権その他の権利は、データ等の登録者である会員及び利用者に帰属します。但し、会員及び利用者は、J.Jが当該データ等を複製、改変、掲示、公開、送信、公衆送信、転載、頒布、譲渡、貸与、翻訳、翻案する等のあらゆる利用行為を何らの制限を受けることなく自由に行いうる権利及びこれを第三者に再許諾する権利を、無償で、期間の定めなく、J.Jに許諾することを承諾するものとします。また、登録者である会員及び利用者は著作者人格権を行使しないものとします。他の会員及び利用者によるデータ等の無断転載、利用はお断り致します。
5. J.Jは、データ等を削除し、保存しなかったことについて一切責任を負いません、かつまた、その理由説明義務を負いません。
6. データ等は会員及び利用者の責任で掲示されたものであり、データ等の真実性、合法性、第三者の権利を侵害していないこと、安全性、適切性、有用性、合目的等について、J.Jは何ら保証致しません。会員及び利用者の利用は自己責任で行うこととなります。

▲ページトップへ

第8章 サービスの変更、中止

第24条(「FBRJ」サービスの内容等の変更)
1. J.Jは、会員及び利用者への事前の通知、承諾なくして、「FBRJ」サービスの諸条件、運用規則、または内容、名称を変更することができ、会員及び利用者はこれを承諾するものとします。この変更には、「FBRJ」サービスの内容・名称に関する、全部または一部の改廃等を含みますが、これらに限定されないものとします。
2. この変更については、第4条により、J.Jが会員及び利用者に通知するものとします。
第25条(「FBRJ」サービスの一時的な中断)
1. J.Jは、以下のいずれかの事由が生じた場合には、会員及び利用者に事前に通知することなく、一時的に「FBRJ」サービスを中断することができるものとします。
i. 「FBRJ」サービス設備の保守または工事を行う場合
ii. 火災、停電等により「FBRJ」サービスの提供ができなくなった場合
iii. 地震、噴火、洪水、津波等の天災により「FBRJ」サービスの提供ができなくなった場合
iv. 戦争、変乱、暴動、騒乱、労働争議等により「FBRJ」サービスの提供ができなくなった場合
v. 「FBRJ」サービスに関して紛争が生じ、「FBRJ」サービスの停止等が必要となった場合
vi. 会員、利用者その他からのアクセスが集中するなど、設備等の容量を超える利用がなされた場合
vii. J.Jの設備等に障害が発生した場合
viii. 「FBRJ」サービスを提供するためにJ.Jが利用する他の電気通信事業者の電気通信サービスに支障が発生した場合
ix. その他、運用上または技術上J.Jが「FBRJ」サービスの一時的な中断が必要と判断した場合
2. J.Jは、前項各号のいずれかの事由により「FBRJ」サービスの提供の遅延または中断等が発生したとしても、これに起因する会員、利用者または第三者が被った被害について一切責任を負わないものとします。
第26条(「FBRJ」サービスの提供の中止)
1. J.Jは、第4条所定の通知をした上で、「FBRJ」サービスの全部または一部の提供を中止することができるものとします。
2. J.Jは、「FBRJ」サービスの提供中止の際、前項の手続きを経ることで、中止にともなう会員、利用者または第三者からの損害賠償の請求を免れるものとします。

▲ページトップへ

第9章 損害賠償等

第27条 (「FBRJ」サービスが利用不能の場合の損害賠償)
1. J.Jの責に帰すべき事由によって、互助会会員が「FBRJ」サービスをまったく利用することができなくなった場合は、J.Jが当該互助会会員が利用不能であることを知った時刻から連続して48時間以上その状態が継続した場合に限り、当該会員の請求に基づいて、会費月額の30分の1に利用不能日数を乗じた額(円未満切り捨て)を限度として、損害の賠償を行うものとします。ただし、以下の場合は賠償の対象外とします。
i. 天災地変等による場合
ii. 「FBRJ」サービスの通信回路にかかる第一種電気通信事業者または国外の電気通信事業者の責に帰す場合
iii. 会員が、当該請求をし得る日となった日から1か月を経過する日までに、当該請求をしなかった場合
2. 逸失利益を含む間接利益、特別損害については、前項の損害賠償の範囲には含めないものとします。
第28条 (免責)
1. J.Jサービスの内容は、J.Jがその時点で提供可能なものとします。J.Jは、J.J、会員、利用者および第三者が「FBRJ」サービスに登録して会員及び利用者に提供するデータ等について、その完全性、正確性、適用性、有用性等に関し、いかなる保証も行わないものとします。
2. J.Jは、会員及び利用者が「FBRJ」サービスに登録した、または会員及び利用者が第三者に登録することを承認したデータ等の消失(第23条に基づくJ.Jによる削除を含む)、第三者による改ざん等に関し、いかなる責任も負わないものとします。
3. 「FBRJ」サービスを提供する機器の故障及びトラブル、ならびに通信回路の障害等により、会員及び利用者のデータが消失し、「FBRJ」サービスの手続き続行が困難になった場合、J.Jは通知催告を要せず無条件で、直ちに「FBRJ」サービスを中止し、成立した契約を解除することができることとします。この場合、J.Jは、契約の解除に伴い、損害賠償等何らの責任も負わないものとします。但し、当該契約に伴い、代金を受領している場合は、会員及び利用者のデータを修復できる範囲に限り、返却することとします。
4. J.Jは、会員及び利用者の個人情報の厳重な管理とネット上の取引の安全対策に、積極的に取り組んでおります。しかしながら、そのセキュリティが完全であるとは言い切れません。万一J.Jによるセキュリティ対策にもかかわらず、ハッカー等による不当な行為により、会員、利用者及び第三者に損害が生じた場合については、J.Jは責任を負いかねますので、ご了承ください。
5. J.Jは、「FBRJ」サービスサイトにリンクしている他のいかなるウェブサイトの内容にも、責任を負わないものとします。「FBRJ」サービスサイトに広告(懸賞広告を含む)、宣伝を行っている広告主との取引(懸賞等のプロモーションへの参加を含む)は、会員及び利用者と当該広告主の責任において行っていただきます。つまり、商品等の代金の支払い、契約条件の決定、保証、担保責任などはすべて会員及び利用者と広告主が当事者として責任を負うことになります。J.Jは「FBRJ」サービスサイトに掲載されている広告によって行われる取引に起因する損害および広告が掲載されたこと自体に起因する損害については一切責任を負いません。
6. 前各項の他、J.Jは「FBRJ」サービスの利用(あるいは利用できなかったこと)により発生した会員及び利用者の損害(第三者との間で生じたトラブルに起因する損害を含む)、および「FBRJ」サービスの提供の遅延または中断等の発生の結果、会員、利用者または第三者が被った損害等に対し、第29条に定める場合およびJ.Jの故意または重大な過失による場合を除き、いかなる理由によっても、一切の責任および損害賠償義務を負わないものとします。
第29条(会員及び利用者の責任)
会員及び利用者がこの会員及び利用者規約に違反してJ.Jに損害を与えた場合、J.Jが被った一切の損害について賠償請求させて頂きます。

▲ページトップへ

第10章 個人情報の保護等

第30条(個人情報)
1. J.Jは、会員登録に際し、在住の都道府県、性別、年齢、メールアドレス等「FBRJ」ホームページ上の会員登録画面で要求されている個人情報をご提供頂きます。さらに、J.Jは、会員及び利用者のIPアドレス、アクセスログを記録し、保存することがあります。J.Jは、J.Jが保有する会員及び利用者の個人情報(以下「個人情報」という)に関して適用される法規を遵守し、個人情報を適切に取り扱うものとします。
2. J.Jは、会員及び利用者に関する個人情報を、「FBRJ」サービスの提供の為に必要な場合以外に利用しないとともに、第三者に開示、提供等一切しないものとします。ただし、以下の場合はこの限りではないものとします。
i. 「FBRJ」およびJ.Jの権利や財産を保護する目的の場合
ii. J.Jが下請会社に対し、「FBRJ」サービスに関わる制作・運営などを業務委託する場合
iii. 会員及び利用者から事前に承諾を得た会社等に対して個人情報を提供する場合
iv. J.Jが、会員及び利用者の登録した個人情報の内容を、再確認の必要に応じ電子メールを送付して確認する場合
v. 法令に基づいて、警察、裁判所等の公的機関から個人情報の提出を要請される場合
vi. 「FBRJ」サービスの利用に関連して会員及び利用者が法令や利用規約などに反し、他の会員、利用者、第三者またはJ.Jの権利、財産、サービスなどを保護するために必要と認められる場合
vii. 人の生命、身体及び財産などに対する差し迫った危険があり、緊急の必要性がある場合
viii. その他、会員及び利用者の同意を得た場合
3. J.Jは、前項(2) (3)号の業務委託先および同項(4)号の会員及び利用者の承諾に基づき提供する会社に対して、相当な注意をもって適切な個人情報の管理を実施するよう要請するものとします。
4. 会員及び利用者は、自らの個人情報を、「FBRJ」サービスを利用して公開するときは、第11条、第28条第2項および第6項が適用されることを承諾するものとします。
5. 会員及び利用者が会員及び利用者自身の個人情報の照会、修正等を希望する場合、J.Jまで連絡することにより、J.Jは合理的な範囲内で速やかに対応します。
6. J.Jは、会員及び利用者の個人情報の属性の集計や分析を行い、個人が識別・特定できないように加工したもの(以下「統計資料」という)を作成し、新規サービスの開発等の業務を遂行するために利用、処理することができるものとします。また、J.Jは、業務上の必要に応じて統計資料を業務提携先等に提供することができるものとします。
7. 個人情報に関する窓口は以下の通りです。
info@fbrj.jp
第31条(通信の秘密)
1. J.Jは、電気通信事業法第4条に基づき、会員の通信の秘密を守るものとします。
2. J.Jは、以下の場合には、前項の守秘義務を負わないものとします。
i. 刑事訴訟法第218条に基づく強制の処分が行われた場合
ii. 裁判所から特定電気役務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示に関する法律その他法令に基づく開示を命じる判決もしくは命令を受けた場合
iii. 警察などの公的機関から、刑事訴訟法などの捜査権限を定める法令に基づき正式な照会を受けた場合
iv. 「FBRJ」サービスの利用に関連して会員及び利用者が法令や利用規約などに反し、他の会員、利用者、第三者またはJ.Jの権利、財産、サービスなどを保護するために必要と認められる場合
v. 人の生命、身体及び財産などに対する差し迫った危険があり、緊急の必要性がある場合
vi. 会員及び利用者の同意を得た場合
3. J.Jは、会員及び利用者の「FBRJ」サービスの利用記録およびアクセスログの集計・分析を行い、統計資料を作成し、新規サービスの開発等の業務遂行のために利用、処理することができるものとします。また、J.Jは、当該統計資料を業務提携先等に提供することができるものとします。
第32条 (クッキー)
会員及び利用者に「FBRJ」サービスをスムーズにご利用頂くために、「FBRJ」サービスでは、クッキーと呼ばれるシステムを使用しています。ブラウザの設定で「クッキーの使用」をONにして下さい。会員及び利用者は「FBRJ」サービスから送られるクッキーをブラウザの設定で拒否することが可能ですが、その場合、「FBRJ」サービスを利用することができなくなります。クッキーは、第22条に従って、利用されます。

▲ページトップへ

第11章 その他

「FBRJ」サービスが終了し、あるいは、会員が退会、登録抹消された場合といえども、第7条、第11条、第13条、第21条、第23条、第27条、第28条、第29条、第30条、第31条、第32条、第33条、第34条、第35条、第36条の規定は有効に存続するものとします。
第34条(無効の場合の残存条項の有効)
この会員及び利用者規約の一部条項が法律その他の法令によって無効となった場合でも、当該条項以外は有効に存続するものとします。
第35条(準拠法)
この会員及び利用者規約の成立、効力、履行および解釈に関しては、日本法が適用されるものとします。
第36条 (専属的合意管轄裁判所)
J.J、会員及び利用者は、J.Jと会員及び利用者の間でこの会員及び利用者規約につき訴訟の必要が生じた場合、東京地方裁判所を第1審の専属的合意管轄裁判所とすることに合意するものとします。
付則
この会員及び利用者規約は2014年4月1日から実施いたします。
合同会社J.J

▲ページトップへ

 

PR

弾丸シュートを蹴る方法 [DVD]弾丸シュートを蹴る方法 [DVD]
夏嶋隆,久保竜彦,坂本康博
ビデオメーカー
Amazonで詳しく見る
レフェリング -Lows of the game- [DVD]レフェリング -Lows of the game- [DVD]
岡田正義,上川徹
ビデオメーカー
Amazonで詳しく見る